男性でも、敏感な肌質であったり、剛毛であったり、ヒゲなどのムダ毛に悩んでいます。医療機関の機器と美容機器との違いによって、リスクも効果も全く異なり、それぞれ対処法も違うため、事前の確認や把握は大事です。

脱毛効果が劣りがちな点に着目する

ワンコインから脱毛が施せたり、部位によっては短時間で手軽に処理できるため、毛深くて悩む20代からのサラリーマンにとって朗報と言えるのは、効率性のある駅チカなどに、メンズ専用脱毛サロンが増加している点です。ですがヒゲ脱毛などは、毛穴の組織にダメージを与える効果からもリスクが無いわけではありません。脱毛を行う前にはリスクを把握し、適切な対処も肝心で、こうしたリスクを説明し、対処してくれるクリニックやサロン選びも大事になります。例えば、女性ウケを狙った光脱毛は、出力が弱い照射で、痛みや皮膚ダメージのリスクも少ないのが特徴ですが、女性の毛質や肌質に合わせているため、剛毛であるヒゲ脱毛は回数もかかってしまいやすく、男性の毛質に合ったマシンを導入しているサロン選びが必要です。

ヒゲも細かくデザインできる魅力もある

毛穴に針を刺し、電流によって処理をする針脱毛の利点は、確実に効果が期待できる点ですが、当然ながらリスクも伴います。針を刺すことや、微弱でも電気を流す施術であるため、痛みを伴いやすく、また、火傷を起こすこともあります。毛穴1つ1つがターゲットになるため、時間がかかるのも懸念されています。ですがその分、ヒゲ脱毛には効果的でもあり、センスよくヒゲをデザインできます。痛みに対する対処は麻酔を用いること、火傷も皮膚科で対処してくれます。針を使う場合、その大半は医療機関で提案されているので、リスクに対する対応の速さも魅力です。また、火傷に関しては、患部を冷やすことで炎症を抑えることができます。

スキンケアにまで関与するクリニック選び

メンズ専用となる脱毛クリニックでは、レーザー機器が主流で、熱による照射では痛みや火傷のリスクが針脱毛ほどではなくともあります。レーザー機器は医療機関でのみ扱える代物で、医師による施術しか認められていません。麻酔科医も携わるなど、対処も速やかです。剛毛から産毛など、どんなタイプの脱毛にも効果が期待できますが、産毛が硬毛化することが希にあり、この場合には契約コースをチェックし、追加料金なしの照射保証されているクリニック選びがポイントになります。痛みは黒い色素が濃く現れることで強くなるだけでなく、肌が弱い場合も同様です。出力レベルを下げてもらうこと、冷却処置を行ってくれる対処がされるなど、様々なスキンケアを提案してくれるクリニック選びが大事です。

まとめ

脱毛リスクを軽減したいのは、見た目も気にかけるサラリーマンにも言える内容で、脱毛の種類別、クリニックやサロン別などでリスクも異なります。対処してくれるサービスが付帯されているのか、痛みや火傷にしっかりと応えられ、利点だけでなく難点もカバーすることができるのかがポイントになります。