ヒゲ脱毛は、毎朝剃る必要がなくなる利点がある他、気になる肌トラブルやケアまでが意識できます。手間なく、コンプレックスになる肌への心配もなく、脱毛効果までも期待するにも、何に着眼点を置くのかも大切です。

美的センスまでを気にかける男性陣

男性もヒゲの手入れの煩わしさから解放され、女性から好印象に見られたい悩みを抱えている他、肌の黒ずみも気に病んでいます。また、自己流でのシェービング処理によって、肌トラブルは男性にも増えています。黒い色素に反応する脱毛機器を用いる際、一時的に日焼けした肌や、色黒の肌には、痛みや火傷のリスクが高く、施術の難易度も高めと言われています。20代から40代となるサラリーマンの男性陣にとって、ただ単に生やさない脱毛効果だけを得たいわけでは無く、美容面での効果も期待している傾向です。その点から、メンズエステサロンでは光脱毛機器が用いられ、毛根の細胞を破壊し、効率よく生えにくくしてくれます。

光にフォーカスした美肌ケアがウリ

通常、男性はシェーバーなどを用いるスキンケアを行い、皮膚が傷ついたり、皮脂詰まりなどによる毛穴の黒ずみなどを起こしてしまう肌トラブルを懸念しています。黒ずみが酷くともヒゲ脱毛したい場合、トリートメントなどのエステ、光照射のメカニズムによって、施術を受けることは可能です。レーザーやニードル脱毛に比べ、痛みも少ないと言われ、敏感肌やトラブル肌の男性に安心して利用できます。その理由の1つである、毛根にダメージを与えるエステサロンの脱毛機器は、IPLやSSCなどが導入されています。コラーゲン生成を促進させ、肌のキメを整えるなど、美肌効果が期待できるため、自然と黒ずみ肌も改善されます。美容皮膚科などで行う医療レーザーによる脱毛も同様ですが、肌トラブル無く効果が出る点が光脱毛の利点です。

肌ケアできる方と脱毛だけできる方法

ヒゲ脱毛のみの医療レーザーと異なり、超音波毛穴洗浄やイオン導入などの、脱毛とセットで施術が提案されるのもメンズサロンの特徴です。メディカルエステとして医師がサポートするので、万一のトラブルにも対処でき、アフターフォローも万全です。デザイン性を求めるヒゲ脱毛を希望するならば、医療レーザーやニードル脱毛がオススメされています。黒ずみ肌に応えるクリニックは多くは無いため、その点をカバーするには、脱毛よりまず、肌ケアを行い、その後、ヒゲ脱毛効果の高い施術を受けるのが得策です。光もレーザーも基本的にメカニズムは同じであるため、費用を抑えて脱毛も美肌ケアも同時進行したい場合、エステ付きを選び、ヒゲの形にこだわりながら効果を得るには、クリニックを利用するなど、目的に合わせるのもポイントです。

まとめ

カミソリなどで自己処理を続けると、男性の肌も黒ずみなどのダメージがあります。専門で行うヒゲ脱毛ならば、肌への影響も考えられ、施術後のスキンケアにも努めてくれます。また、導入される機器、自分の目的によってクリニックやサロン選びも大事です。