エチケットや衛生面のためにも、ヒゲ脱毛をする男性は増えていますが、脱毛後には注意事項もあります。正しいお手入れをすることにより、肌は穏やかに回復をしますし、脱毛の効果も高まりますので、脱毛後のお手入れの注意も守ることです。

ヒゲ脱毛をした後のバスタイムには要注意

ヒゲ脱毛後に気を付けたいのは、その日の夜のバスタイムであり、入浴は炎症を悪化させる要因です。見た目ではわかりにくいですが、脱毛の施術を受けることにより、肌の内側は一時的に軽い炎症を起こします。肌には害のない光やレーザーを利用していますが、毛穴奥の毛を成長させる毛乳頭などにダメージを与えるため、毛穴周囲の皮膚にも熱の影響が加わるからです。脱毛を受けた後は、まだまだ炎症が起きている状態であり、浴槽に浸かると体温が上がります。お風呂で炎症が悪化してしまうことがあるというのは、入浴で温度上昇が起こるためなので、脱毛後は浴槽には浸からないことです。

ヒゲ脱毛後には浴槽に浸かるのではなくシャワーを

ヒゲ脱毛後は風呂で炎症が悪化しすることが考えられるので、シャワーで汚れを落とします。浴槽に浸かると体の芯から、じっくりと全身を温めてしまうので、全身の血行が良くなりすぎてしまい、炎症はさらに悪化です。しかし脱毛を受けても、肌を清潔にしておくことは必要なので、脱毛後は程よい温かさのシャワーを浴びます。顔にシャワーを直接当てないようにして、ボディにはぬるま湯でシャワーを浴びて、その日はスキンケアに張り切ることです。ボディを洗うときにもナイロン製スポンジでゴシゴシと洗うのではなく、石鹸の泡で優しく洗います。

シャワーで肌を清潔にしたらスキンケアで保湿を

ヒゲ脱毛後はバスタイムでの炎症悪化を防ぐためにも、シャワーで肌を清潔にしたら、アフターケアは保湿を徹底します。顔全体にいつも以上の化粧水を重ね付けして、乾燥をしやすい肌をうるおいで満たしてあげます。オイルをベタベタと付けるよりも、脱毛後は乾燥をしてるため、まずは化粧水で水分をたっぷりと与えてあげることです。肌は全身が1枚の皮でつながっているため、脱毛を良い結果にするためにも、肌トラブルを起こさないためにも、ボディにもローションやミルクでのうるおいを与えてあげます。肌がほてりを感じるようなら、保冷剤で冷やしても構いません。肌に化粧水を十分に染み渡らせたら、乳液やクリームで水分蒸発から肌を守ります。

まとめ

ヒゲ脱毛をした後のお風呂タイムは、浴槽には浸からにようにしますが、脱毛当日はシャワーのみにして、翌日からは入浴もでOKです。肌の状態を確認しながらにはなりますが、バスタイム後には顔もボディも、化粧水や乳液での保湿ケアをしっかりと行います。