時間帯によって、目立ってきてしまい、夕方には黒髭や青髭という男性も多くいます。ヒゲの濃さが気になる、または、毎日の剃りから解放されたい、敏感肌だからなどを理由に、痛みを軽減する脱毛を検討してみるのも利点です。

青く見える口周りを気にする男性

スーツ姿で仕事をバリバリこなすサラリーマンにとって、最近では健康美が注目され、自ずとエステや脱毛などを受けたい男性が増えています。特に第一印象を左右するのが顔で、口周りのヒゲ、特に色白肌の男性にとっては、コンプレックスに青髭を上げています。皮膚の中に残ったヒゲの黒色素が透けて見えることが青髭に見えるため、ヒゲ剃りが原因の1つです。特に女性からのイメージはあまり好くはなく、対策としてヒゲ脱毛を希望するケースが相次いでいます。また、男性ホルモンのテストステロンという物質によって、ムダ毛が生えて濃くなるために、男性特有の悩みにもなります。

男性の悩みは男性医師が応えてくれる

ヒゲ脱毛では、毛周期を計算に入れ、もっとも脱毛に適している時期で言えば、秋から冬にかけて、さらに1日の中では6時からの朝から昼の時間帯にもっとも伸びると言われています。ですが、一概に言えないのも事実で、1人1人濃さも毛質も肌質も違うため、適しているのがレーザー機器やニードルによる脱毛などです。最近では、美容皮膚科などのクリニックでもメンズ専用で施術を行ってくれたり、男性医師による施術で悩みを共有できる利点もあります。カウンセリングでは、痛みについても説明を受けることができる他、術中にも照射時間を短くしたり、ショット数を抑えたり声掛けで熱や痛みの確認も行ってくれます。

痛みは個人差があるけれど機器にもある

最近では痛くない医療用脱毛機も導入されており、耐え難い痛みの悩みも払拭されています。とは言え、従来型の脱毛機を用いているクリニックも多いので、痛みの程度を知っておく必要もあります。もちろん個人差があるのも事実で、体験談やクリニック側の意見には、輪ゴムを弾く痛み、静電気のようなピリピリ程度などが見聞きされています。痛みに敏感である場合でも、全くくなければ、効き目が弱い場合もあります。青髭を気にする場合、生えないためにもレーザーやニードルで効果をしっかり得ることが大事で、麻酔にもクリーム麻酔や局所麻酔など、痛み軽減できる麻酔も提案されています。痛みレスとなる脱毛機は、蓄熱式脱毛理論で衝撃が少ないのが特徴となり、毛根よりも浅い層の発毛因子を破壊し、冷却しながらなので、痛みレスに繋がっています。

まとめ

黒々しいムダ毛、特に働き盛りの男性はヒゲの処理に懸念を示し、青髭などの悩みを抱えています。健康的にも美的にも魅せたい場合、ヒゲ脱毛できるクリニックが利用できますが、痛みの具合などがネックとなるなど、心配になる事柄も、同じ男性医師によって負担軽減できる提案が行われ、活用できます。