クリニックでのヒゲ脱毛は肌をツルツルにすることができますが、メカニズムを理解することより安心ができます。レーザー光を照射して体毛を成長させる組織へとダメージを加えることにより、剃刀処理ではできなかった、根本からの脱毛という結果が得られる方法です。

医療機関で行うヒゲ脱毛のメカニズム

クリニックでのヒゲ脱毛のメカニズムは、医療レーザー脱毛器によってもたらされる方法です。ヒゲのある皮膚表面から、医療脱毛のマシンを使いレーザーを照射することにより、毛根のメラニンになるエネルギーへダメージを与えます。ヒゲを育てるのは毛乳頭の役割であり、その組織が壊されることで、ヒゲは再生が不可能な状態です。レーザーの熱エネルギーは肌表面を傷つけることなく、表皮は上手に通過して、毛乳頭など黒い組織を狙います。ダメージを受けた細胞は再び毛を成長させることができなくなり、ヒゲ脱毛が成功をするというのが仕組みです。

ヒゲを含めた体毛の構造を知ること

クリニックでのヒゲ脱毛のメカニズムを知る上でも、ヒゲという体毛の構造も理解することです。皮膚が変化したものが、人間の身体に生えている体毛であり、皮膚の中には体毛の三分の二があります。体毛と呼ばれるのは毛幹であり、皮膚の中にある毛の組織が毛根、毛根の最下部で球場のふくらみを持つのは毛球です。ヒゲなどの体毛のもとになるのは毛乳頭であり、栄養を毛母細胞へ送るために欠かせない役割があります。体毛は根元から毛先や組織などにも様々な名前があり、毛根全体的に取り巻くように存在するのは、毛包の組織です。ヒゲ脱毛の際にターゲットになるのは、表皮の上に伸びている長い毛ではなく、毛母細胞や毛乳頭などです。

レーザーの熱エネルギーにより起こる組織の熱破壊

医療レーザー脱毛の施術を行うことで、メラニンの反応が起こり熱を蓄積します。レーザーを照射した際に、軽く痛みのような刺激を受けるのは、この一瞬の熱変換が起こるためです。ただ熱といっても黒いメラニン色素だけがターゲットなので、肌表面には問題は起きないですし、我慢できない痛みではありません。ヒゲの黒いメラニンに熱を与えますが、その周辺の皮膚にも多少の影響はあるため、蓄積された熱は24時間は内部に潜んでいます。クリニックで脱毛をした後、体温を上げる行為にストップがかかるのは、内部炎症を悪化させないためです。熱エネルギーにより熱破壊が起こりますので、毛根は壊されてヒゲ脱毛ができます。

まとめ

クリニックではヒゲ脱毛を受けることができますが、メカニズムは組織の破壊であり永久脱毛です。完全に根元から脱毛ができることで、ざらざらしていた肌は回数を重ねていくうちに、次第にツルツルの健康的で清潔感のある肌に変わります。