ヒゲ剃りが面倒だったり、経済面でも負担が軽くなるのは脱毛処理です。清潔感アップや青ヒゲの解消、朝の忙しい時間を有意義に使いたいビジネスマンにとって、クリニックでの脱毛プランが特にオススメでき、その理由は様々に挙げられています。

身だしなみとしても行いたい脱毛

ビジネスマンにとって、身だしなみとしてヒゲ剃りがあり、シェービング処理しても、夕方には生えてきたり、女性の視線も気になるものです。近年、メンズ脱毛クリニックで手軽にヒゲ脱毛ができるようになり、レーザー脱毛が主流のマシンで、ヒゲの黒色素に反応し、毛母細胞に栄養を届ける毛乳頭にダメージを与える施術が行われます。普段の自己処理で、シェーバーやカミソリを使う場合、肌への負担も大きく、重ねて何度も処理を行うことで色素沈着 、埋没毛や炎症などの肌トラブルを引き起こすこともあります。皮膚科のクリニックでもヒゲ脱毛を施してくれるため、こうした皮膚疾患の治療とともに、清潔さも求めることが可能です。レーザーのみならず、光や針脱毛も提案され、安心なのは医療機関でのみ行える施術です。

成長期に合わせて脱毛の処理を施す

ヒゲ脱毛と言っても、1回の照射で全てのヒゲを処理できるものではありません。ヒゲは体毛の中でも密度が濃く、毛も太いのが特徴で、間隔も毛周期に合わせ、複数回の施術を受ける必要が出てきます。永久脱毛も不可能ではありませんが、再生してしまう可能性も否めません。しかし、毛周期に合わせるだけでコンプレックスを緩和させることは可能で、通う回数も徐々に減らすことができ、費用も軽減できます。成長期と退行期、休止期のサイクルから成り立ち、ヒゲがこのサイクルを1周する期間は、2カ月から3カ月と言われています。脱毛は成長期に毛根にダメージを与えるため、退行期や休止期に施術を行なうケースは効果から見ても、専門クリニックでは殆どありません。

時間がかかるだけメリットが大きい

つるつるの肌に仕上げたい場合、施術の間隔としては、しばらくは1カ月から3カ月に1度で、ヒゲの濃さや量などが減りはじめてくると、3ヶ月から半年に1度のペースで通えるようになります。回数は濃さや太さなどによって一概に言えないものの、平均で6回から12回で生えにくくなり、間隔も徐々に空くため、トータルでは1年から3年のロングタイムです。ですが、リーズナブルな価格帯での脱毛プランが提案されますし、働き盛りで、第一印象も気になるビジネスマンにとって、面倒な処理が不要になり、清潔感を得られるだけでなく、有意義な時間の使い方さえも後々得られる利点があります。

まとめ

一般的に、男性は体毛の量が多く、ヒゲの処理の回数も多くなる傾向です。自己処理より、トータルでかかる期間が、半年はかかるものの、つるつるになるクリニックでのレーザー脱毛を受けることが、ビジネスマンには適しています。