クリニックでのヒゲ脱毛を行った時に、刺激がないか気になるところです。サロンとクリニックのどちらを利用すればいいか迷っている人は、痛みについての情報を得ておくと、安心できる状態で利用することができるでしょう。

威力が高いため痛みが出やすい傾向

クリニックでは、エステと比べて強力な機器を使いながらヒゲ脱毛を行っていきます。医療機関ということもあり、強力なレーザーを利用して脱毛の施術を行っていくことができるのです。レーザーは、エステで利用されている光に比べて威力が高く、その分だけ脱毛に効果を発揮してきます。はっきりとした脱毛効果を得たいと考えている人も、その効果に満足しやすくなるでしょう。ただし、威力が高いということはお肌に感じる痛みも強い傾向にあります。確かな脱毛効果を期待してクリニックに通う予定のある人は、痛みの事についても理解しておくとよいでしょう。

色々な毛に効果的な針脱毛を受けられる

クリニックで一般的に採用されているのは、レーザーによる脱毛です。ヒゲ脱毛を行う際にも、レーザーを利用して行っていくことになりますが、毛の状態によっては針脱毛を利用する場合もあります。針脱毛は、毛根部分に針をいれて電流を流すことにより、毛根の働きを破壊していくことができます。毛根自体を直接破壊することができるため、永久的な脱毛を手に入れることができるのです。レーザーは、黒い色に反応しやすいため太い毛に効果的です。一方で細い毛や色素が薄い毛には効果があまりありません。白髪が多く生えているヒゲや色素の薄いヒゲの場合には、針脱毛を行ってみましょう。

麻酔を利用できるため痛みを感じる心配はない

レーザー脱毛や針脱毛は、エステサロンでの脱毛と比べれば痛みも強い傾向にあります。脱毛効果が高いため、その分痛みにも耐えないといけませんが、不安が大きい人は医師に相談して麻酔を利用してみてください。医療機関では、医療行為に当たる麻酔を行えるため、痛みを全く感じることなく施術を受けることが可能です。レーザーや針脱毛を選んだとしても、施術を受ける前に麻酔を利用してもらえるため、精神的なストレスや肉体的な痛みとも無縁になってきます。麻酔も、クリームやシールなどを利用して行ってもらえるため、注射が苦手な人でもお願いしやすくなってきます。

まとめ

クリニックでのヒゲ脱毛として、レーザーと針を利用する方法が存在しています。どちらとも痛みを伴いやすいですが、麻酔を利用すれば全く刺激を感じることなく施術を受けていくことが可能です。恐れることなく、施術を受けてみるとよいでしょう。