ヒゲ脱毛のために初めてクリニックへ行くときには、いくつかの持ち物を持参します。本人確認が必要になりますので、保険証は忘れずに持っていきますが、ほかにも印鑑や通帳に現金にクレジットカードなど必要に応じて持参です。

クリニックのヒゲ脱毛はなぜ印鑑が必要か

クリニックでのヒゲ脱毛を末うために、なぜ保険証が必要かというと、理由は本人確認のためです。本人確認ができる照明ができるものとして、ほかにも運転免許証やパスポートなどもあります。クリニックでの医療脱毛は医療機関ではありますが、保険対応ではないので保険証提示でも保険適用にはなりません。しかし本人確認をする必要はありますし、場合によってはお薬など、保険対応での処方があるケースもゼロではないためです。基本的には医療脱毛は脱毛契約も麻酔代も自由診療ではありますが、事前のアナウンスも聞いて忘れず持参します。

保険証以外にクリニックに持参するため準備するもの

保険証以外でもクリニックへ持参するために準備をする物は、印鑑や必要なヒゲ脱毛の料金です。印鑑は契約のサインへの押印や、医療ローンを組むときに必要になります。医療ローンを検討しているときには、印鑑とともに通帳も持参をすることです。ヒゲ脱毛の支払い料金の持参に関しては、現金やクレジットカードなどを用意します。医薬品を服用している人の場合、念のため実際の薬を持参するか、医薬品名をメモ書きしてカウンセリングで伝えることです。クレジットカードや郵送されたはがきなどは本人照明にはなりませんが、運転免許証やパスポートは照明になります。

剃り残しのないようにヒゲのシェービングを

はじめてクリニックでヒゲ脱毛をするときに、準備をすることは、ヒゲのシェービングを完璧にすることです。医療レーザー脱毛は、黒いメラニン色素めがけてレーザーを照射するため、ヒゲが伸びたままだとヒゲに反応をしてしまいます。根っこの毛乳頭に反応をさせて破壊して脱毛効果が出てきますが、伸びているヒゲにもメラニンはあるので、そこに反応をすると火傷のリスクが高まるばかりです。危険ですから、必ずヒゲ脱毛を受ける前には、準備としてヒゲのシェービングを、剃り残しのないように処理します。ヒゲの剃り残しがないかどうか、明るい場所で鏡に顔を映して確認することです。

まとめ

ヒゲ脱毛で保険証以外に必要なのは、お金や印鑑などですが、医療脱毛をその日に受けるのであれば、準備で必須なのはヒゲの自己処理です。ヒゲが生えたままではレーザー照射ができないのは、肌に火傷を負う可能性がありますし、剃り残しに藩王をすると痛みが強いので、しっかりとシェービングをします。